労働保険手続き

労働保険とは、労働者災害補償保険(労災保険)と雇用保険の総称です。ハローワーク、労働基準監督署への手続きを社労士事務所へアウトソーシングすることでコスト削減やコア事業に経営資源を集中させることができます。最新の労働法令に基づき、従業員の採用から退職までの間に届け出ることが必要な労働保険の諸手続きをおこないます。

当事務所では電子申請やクラウドサービスを利用し、安全性を高めながらお客様の事務負担を軽減しています。 電子申請について)

主な対応業務

・会社設立、廃止に伴う労働保険の手続き

・従業員の採用、退職に伴う手続き

・従業員の業務上、通勤時の怪我による労災の手続き

・時間外労働、変形労働時間制の協定届

・労働保険料の申告等に関する手続き

社会保険手続き

社会保険の取得・喪失の手続きや傷病手当金の請求、算定基礎届など年金事務所、健康保険協会への届け出をお客様の代わりに一括しておこないます。法改正に対応した正確な手続きで労務管理をサポートいたします。当事務所では、客様の事務負担を軽減するために原則、電子申請で申請をおこなっております。

社会保険加入条件

社会保険の加入形態には「強制適用事業所」と「任意適用事業所」の2種類があります。

「強制適用事業所」は、事業主や従業員の意思に関係なく、社会保険への加入が義務付けられています。

「任意適用事業所」は、従業員の半数以上が厚生年金保険等の適用事業所となることに同意し、厚生労働大臣の認可を受けた場合、従業員全員が社会保険に加入することになります。

【非適用業種】

①第1次産業(農林水産業)

②サービス業(飲食店・美容室・旅館業等)

③法務専門サービス業(土業に当たる事業)

④宗教業(神社・教会等)

 

主な対応業務

・事業所の新規適用届の作成と届出

・保険料の算定届の手続き

・傷病手当、出産手当金等、各種健康保険給付の申請

・老齢、障害、遺族年金等、各種年金手続きの申請