電子申請とは?

 電子申請とは、書類によって行われている申請や届出などの行政手続を、インターネットを利用して24時間いつでも、自宅や会社のパソコンから行えるというものです。労働保険・社会保険に関する手続きの多くが電子申請に対応しています。

仕事を任せるなら電子申請対応の社会保険労務士へ

 社会保険労務士(以下、社労士)はお客様の委託により、労働保険・社会保険の手続きを代行できますが、書類による手続きでは、届出用紙の郵送等の手間がかかったり、手続きに時間がかかると感じるかもしれません。しかし、電子申請に対応している社労士に仕事を任せれば、そんなことはありません。

 電子申請であれば、届出書に押印をして郵送するといったやり取りは不要なため、手続きに要する手間、時間、コストを削減でき、保険証も早く受け取ることができます。

電子申請といっても、社労士が役所への申請をインターネット上で行うというものですので、お客様側で専門的なパソコン操作は必要なく、パソコンが苦手な方でも問題ありません。

 また、当事務所では、クラウドサービスの提供により、高いセキュリティ環境で、スムーズに電子申請による手続きが可能で、役所からの通知書もデータで管理、共有できるため、書類の管理が面倒な方や、パソコン操作に苦手意識がない方であればクラウドサービスも利用して頂くことをお勧めいたします。

 一方で、当事務所では書類による手続きにももちろん対応していますので、お客様の希望に応じたやり方で手続き、管理が可能です。労務管理の手続きの時間、労力を減らしたいというお客様は是非、当事務所へご相談ください。

電子申請を利用した場合のお客様のメリット

・届出用紙に代表者印を押印する必要がありません

手続き時の代表者印の押印が不要になるため、郵送代や手間を削減できます。

 

・手続きが速やかにできます

書類を郵送する必要が無いため、書類の場合よりも早く申請できます。

 

・届出における安全性がアップします

お預かりしたマイナンバー等の重要データも、指定の役所へ確実に送信します。

紙と電子申請では手続きの流れはどのように違う?

紙での手続きの場合

電子申請での手続きの場合

※電子申請の場合、いくつかの手続きにおいて従業員の署名、押印に代わる「委任状」を頂く場合があります。この委任状はFAXやメールで送付して頂いて構いません。