2019/02/15
平成31年度の協会けんぽの健康保険料率及び介護保険料率が、3月分(4月納付分)から改定されます。 健康保険料率は、都道府県ごとに異なりますので、下記の表をご確認ください。 介護保険料率は全国一律で1.73%に上がります。 任意継続被保険者及び日雇特例被保険者の方は4月分(4月納付分)から変更となります。 平成31年度都道府県単位保険料率 平成30年度...
2019/01/16
協会けんぽの任意継続被保険者の標準報酬月額は、健康保険法により、下記のどちらか少ない額と規定されています。 ① 資格を喪失した時の標準報酬月額 ② 前年(1月から3月までの標準報酬月額については、前々年)の9月30日時点における全ての協会けんぽの被保険者の標準報酬月額の平均額を標準報酬月額の基礎となる報酬月額とみなしたときの標準報酬月額...
2019/01/16
 厚生労働省の毎月勤労統計調査において、全数調査するとしていたところを一部抽出調査で行っていたことにより、平成16年以降の同調査における賃金額が低めに出ていた問題により、平成16年以降に雇用保険、労災保険、船員保険の給付を受給した方の一部及び雇用調整助成金など事業主向け助成金を受けた事業主の一部に対し、追加給付が必要となっています。...
2018/12/26
時間外労働の上限規制と、年次有給休暇の取得義務化に関する詳細なリーフレットが公開されました。実務的な取り扱いに関するQ&Aも紹介されていますので、是非、ご確認ください。 「時間外労働の上限規制 わかりやすい解説」(厚生労働省) https://www.mhlw.go.jp/content/000463185.pdf 「年5日の年次有給休暇の確実な取得 わかりやすい解説」(厚生労働省)...
2018/12/07
 現在、協会けんぽでは、はり、きゅう及びあんまマッサージ指圧施術療養費療養費については、原則償還払い(一度、患者が医療費の10割を負担し、保険者への申請により保険給付分が払戻しされる)ですが、平成31年1月施術分より受領委任制度が導入され、患者の施術所窓口での負担は、一部負担金(3割又は2割)のみとなります。...
2018/12/05
平成31年4月1日以降、一括有期事業開始届を提出必要が無くなります。 また、同日以降に開始される一括有期事業については、遠隔地で行なわれるものも含めて一括されます。 詳しくは下記のリーフレットをご確認ください。 「平成 31 年4月1日以降は、 年4月1日以降は、一括有期 事業 を開始する際の事務手続の一部が不要になります」(厚生労働省)...
2018/12/04
中小企業向けの働き方改革の関連法に関する資料を作成しました。 働き方改革関連法の施行によって、中小企業がまず取り組むべきことと関連法の施行スケジュールをまとめましたので、ご活用ください。
2018/11/06
 平成30年10月1日より、マイナポータルにおいて、「就労証明書作成コーナー」が開設されました。就労証明書とは、市区町村に対し、認可保育所等の入所を申し込む際に、添付が必要となるもので、会社で証明します。しかし、この就労証明書の様式は各市町村で異なっていたり、役所でもらってくる必要がありました。...
2018/10/02
平成30年10月1⽇より、雇用継続給付の手続きにあたっては、その申請内容等を事業主等が被保険者に確認し、被保険者と合意のもと「記載内容に関する確認書・申請等に関する同意書」を作成して保存することで、申請書への被保険者の署名・押印を省略することができるようになりました。...
2018/10/02
平成30年10月より、任意継続の申請時に、被扶養者がいる場合、身分関係と収入額の確認のため、添付書類が厳格に求められるようになります。 続柄確認の書類については、マイナンバーを記載した場合でも必要ですので、漏れの無いよう、ご確認ください。 《添付書類一覧》

さらに表示する