厚生年金保険養育期間標準報酬月額特例申出書

社会保険に加入している社員が、子どもが3歳になるまでの間に勤務時間短縮等の措置を受け、それに伴って標準報酬月額が低下した場合、届け出によって子どもが生まれる前の高い標準報酬月額を当該期間の標準報酬月額とみなして将来の年金額が計算されます。

 

 【手続き概要】

何を:「厚生年金保険養育期間標準報酬月額特例申出書

誰が:社員(被保険者)からの申し出を受けた事業主

どこへ:年金事務所(電子申請可)

いつまで:事由の発生後すみやかに

 

【添付書類】 

1.戸籍謄(抄)本または戸籍記載事項証明書
 ※(申出者と子の身分関係および子の生年月日を証明できるもの)
2.住民票(コピー不可・個人番号の記載がないもの)

 ※(申出者と子が同居していることを確認できるもの)

 

【届出用紙】

厚生年金保険 養育期間標準報酬月額特例申出書・終了届(日本年金機構)