健康保険・厚生年金保険被保険者資格喪失届

社会保険に加入している社員が退職した場合や、雇用契約内容の変更に伴い社会保険の加入基準を満たさなくなった場合、年金事務所で社会保険の資格喪失手続きをおこなう必要があります。

また、退職者が任意継続を選択される場合は、「任意継続被保険者資格取得申出書」を、国民健康保険を選択される場合は、「健康保険・厚生年金保険 資格喪失証明書」を退職者へお渡しください。

 

【社会保険の加入基準】

次の①及び②のそれぞれに該当する場合は、原則として被保険者とされます。

 

① 1か月の所定労働日数が一般社員の概ね4分の3以上である場合

1週の所定労働時間が一般社員の概ね4分の3以上である場合

 

 【手続き概要】

何を:「健康保険・厚生年金保険被保険者資格喪失届」

誰が:事業主

どこへ:年金事務所または事務センター

いつまで:資格を喪失した日(退職日の翌日)から5日以内

 

【添付書類】

被扶養者の分も含め、保険証を添付して返却します。

また、以下に該当する場合は添付書類が必要となります。

 

〇届出書に記載した喪失日が届書の受付年月日から60日以上遡る場合、喪失日の確認ができる賃金台帳の写し及び出勤簿の写し

 

【届出用紙】

健康保険・厚生年金被保険者資格喪失届・70歳以上被用者不該当届.pdf
PDFファイル 791.8 KB
健康保険・厚生年金被保険者資格喪失届・70歳以上被用者不該当届(記入例).pdf
PDFファイル 521.2 KB
任意継続被保険者資格取得申出書.pdf
PDFファイル 147.9 KB
任意継続被保険者資格取得申出書(記入例).pdf
PDFファイル 371.6 KB
健康保険・厚生年金保険 資格喪失証明書.pdf
PDFファイル 72.1 KB

退職者が退職後の健康保険として任意継続を選択した場合にけんぽ協会に届け出る書類です。(本人届け出)

届け出期限は退職日の翌日から20日以内です。

詳しくは「記入例と手引き」をご覧ください。

 

従業員が退職後、市役所で国民健康保険・国民年金の手続きをおこなう際に必要になる書類です。

記入し、事業主印を押印の上、退職者にお渡しください。


 

【よくあるご質問

Q1:退職者から保険証が返ってこないが、手続きはどうすればよいか?

A1:資格喪失手続きが遅れた場合、退職後の任意継続や国民健康保険の加入手続きも遅れてしまいます。退職者が保険証をなかなか返さない場合は、速やかに資格喪失届のみを届出し、後日、保険証を年金機構へ返しても構いません。