健康保険被扶養者(異動)届

協会けんぽの被保険者となった社員に被扶養者がいる場合や被扶養者の追加があった場合、被保険者は事業主を経て被扶養者追加の届け出をおこないます。

また、被扶養者に該当しなくなった場合は被扶養者削除の届け出をおこないます。

 

【被扶養者の認定要件】

(1)収入要件

年間収入130万円未満(60歳以上又は障害者の場合は、年間収入180万円未満)かつ

(同居の場合) 収入が扶養者(被保険者)の収入の半分未満

(別居の場合) 収入が扶養者(被保険者)からの仕送り額未満

※年間収入とは、被扶養者に該当する時点及び認定された日以降の見込み収入額で、雇用保険の失業等給付、公的年金、健康保険の傷病手当金や出産手当金も含みます。

 

(2)同一世帯の条件

配偶者、直系尊属、子、孫、兄姉弟妹以外の3親等内の親族は同一世帯でなければなりません

図:協会けんぽのHPより引用

 

 

 【手続き概要】

何を:「健康保険被扶養者(異動)届

誰が:事業主

どこへ:年金事務所(電子申請可)

いつまで:事実発生から5日以内

 

【添付書類】

≪収入要件確認のための書類≫

所得税法上の控除対象配偶者または扶養親族となっている方は事業主の証明があれば添付書類は不要ですが、下記に該当する場合や被扶養者になった日が事業主への提出日より60日以上遡及する場合は証明書類が必要となります。
 ○退職したことにより収入要件を満たす場合

 →「退職証明書または雇用保険被保険者離職票の写し」
 ○雇用保険失業給付受給中または雇用保険失業給付の受給終了により収入要件を満たす場合
 →「雇用保険受給資格者証の写し」
 ○年金受給中の場合
 →現在の年金受取額がわかる「年金額の改定通知書などの写し」
 ○自営(農業等含む)による収入、不動産収入等がある場合
 →直近の確定申告書の写し


≪続柄確認のための書類≫
被保険者と別姓の方を被扶養者とする場合
→「被扶養者の戸籍謄本(被保険者との続柄がわかるもの)」

≪同居確認のための書類≫
被扶養者として認定されるために同居が要件である方を被扶養者にする場合
→「被保険者の世帯全員の住民票(マイナンバーの記載がない原本)」

 

※上記のケース以外にも添付書類を求められる場合があるため、希なケースでは届け出前に協会けんぽにご確認いただくことをお勧めいたします。

 

 

【届出用紙】

健康保険 被扶養者異動届(日本年金機構)

 

【よくあるご質問

Q1:配偶者を扶養していた従業員が離婚したが、何をすればよいか?

A1:被扶養者を外す日(離婚日当日)を確認し、被扶養者の保険証を回収してください。また、住所や氏名が変わる場合もありますので、合わせてご確認ください。

 

Q2:子供のいる女性従業員が入社し、子供を自分の被扶養者にしたいと言われたが、何を聞けばよいか?

A2:まず、夫がいるかどうかを確認し、夫がいる場合は夫の収入見込み額を確認してください。女性従業員と夫の収入見込み額を比較し、子供は収入の多い方(子供の生計を維持している方)の被扶養者とします。

もし、夫がいない場合は、未婚の母であるのか、夫とは死別か離婚であるのかを確認し、離婚であれば養育費の有無、金額を確認して、異動届に記載してください。 

 

Q3:従業員の子供が大学に入学し、一人暮らしながらアルバイトで収入を得ているようである。被扶養者のままで問題ないか?

A3:まず、アルバイト収入が年間130万円未満でないか確認し、更に、その収入が親(従業員)の仕送り額未満であることが被扶養者であることの要件です。要件を満たさなくなった場合は、被扶養者から外す必要があります。