健康保険傷病手当金支給申請書

傷病手当金は、病気休養中に被保険者とその家族の生活を保障するために設けられた制度で、被保険者が業務外(通勤災害も含む)の病気やケガのために会社を休み、事業主から十分な報酬が受けられない場合に支給されます。

 

【手続き概要】

何を:「健康保険傷病手当金支給申請書」

誰が:被保険者

どこへ:協会けんぽ・健康保険組合

いつまで:すみやかに(時効は2年間です)

 

【添付書類】

賃金台帳や出勤簿等の添付は必要ありませんので、給与額や計算式について正確に記載してください。

 

【届出用紙】

 

【手続きの流れ】

次の順序で申請します。

 

①受診している医師に労務不能であったことの証明を申請書に記載してもらいます。

②従業員が申請書に氏名や口座情報等を記載します。

③会社で賃金の支払い状況についての証明をします。

④けんぽ協会へ申請します。

 

【支給条件】

以下の条件を満たした場合に支給されます。

①業務外での病気やケガのために入院、又は自宅療養している

②今まで従事していた業務ができない

③最初に3日間連続して休み、4日目以降も就労できない

④休業した期間に、給与の支払いがない

 

【支給期間】

傷病手当金が支給される期間は、支給が開始された日から最長1年6ヵ月です。これは、1年6ヵ月分支給されるということではなく、1年6ヵ月の間で、労務不能の証明があり、かつ休業した期間に対して支給されます。支給開始後1年6ヵ月を超えた場合は、仕事に就くことができない場合であっても、傷病手当金は支給されません。

 

【支給金額】

1日当たりの支給額=支給開始以前の継続した12か月間の各月の標準報酬月額を平均した額÷30日×2/3

※もしも12か月に満たない場合には「支給開始日の月以前の継続した各月の標準報酬月額の平均」か「28万円(当該年度の前年度9月30日に於ける全被保険者の同月の標準報酬月額を平均した額」を比較して少ないほうを採用します。

 

【よくあるご質問

Q1:給与が末締め翌25日払いの会社で、休業期間を対象とする給与支払い日まで申請を待たなければいけないのか?

A1:例えば、4月20日までの分を申請する場合、給与締め日の4月30日前に申請することはできません(返戻になります)が、5月1日以降は、給与支払い日の5月25日前でも給与額が確定すれば、申請しても構いません。